トレーニング記録用データベース

ダイエットの熱を冷ますな

スポーツの秋だからというわけでもないのですが、腹肉が気になって仕方ないので運動をはじめました。
大好きな毎晩のお酒も普段は炭酸水にして、休日前や心が折れそうな時だけに変えたのですが、なかなか気分がいいです。
で、ちょいちょい書いていますが、運動は腹筋ローラーや位置情報ゲームのついでのウオーキング、近頃は腹筋エクササイズの本をKindle Unlimitedで見つけていくつかやってみてます。

腹直筋だけ鍛えてもだめなのね〜。

データベースで運動日記

LibreOffice Baseも扱ってるサイトらしく、トレーニング記録もBaseでつけてみることにしました。
手間を掛けずとも、データはスマートウォッチとスマホアプリの連携でリアルタイムで記録されるのですが、気まぐれにペアリングを切って別のスマホに切り替えてみたら簡単にデータを失ったりします(やった)。
所感も書いておくと何かと気づくことがあったり。

記録したい内容

作るのは伝票と明細みたいな感じのデータベースです。

  • その日の朝の体重と体脂肪率
  • 運動の詳細
  • 気づいたことを書くメモ

という感じで記録します。

こんな感じ

テーブル

計算などは含まないシンプルな構造です。

テーブル主なフィールドフィールドの説明
タスク運動メニュー名膝コロ、ウオーキングなど、やりそうな運動の名前
単位運動の単位回、分、m、歩などそれぞれの運動に対応した単位
チケット1運動記録の親テーブル日付、朝の体重、体脂肪率、全体所感メモ等
詳細運動記録の明細テーブルメニュー、回数、単位、タイミングなどを記録
勢いで作ったので、テーブル名が雑w

ポイント

当たり前ですがそれぞれのテーブルにプライマリーキーがあります
テーブル「詳細」にだけはプライマリーキーを2つ用意して一つはオートインクリメント(自動採番)、もう一つは手入力状態でテーブル「チケット1」のプライマリーキーとリレーションさせます。
これで、伝票に紐付く明細になります。

「タスク」と「単位」はフォームでリストを表示させるためのテーブルです。
運動のメニューが増えてもこのテーブルに追加すればOK。

サンプルデータ

拙いし、自分用なのでレイアウトは雑だし、実際の記録だしで超恥ずかしいのですが、サンプルデータを置いておきます。
実際に記録をする時は、最初に表示されるフォームの中の運動記録フォームを開いて記録します。

もちろん体重はウソ修正してあります。

使う人はいないでしょうが、もし使う場合はテーブル「チケット1」とテーブル「詳細」のレコードを削除をしてくださいね。

レコードの削除についてはこの記事の蛇足のところで解説しています。

伝票と明細を実現するのに白くま君のリブレオフィス塾がとても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿者プロフィール

myon
myon
世の中に何も影響を与えない一般人。
早とちりでそそっかしい。
パソコン、インターネット、スマホ、位置情報ゲーム、お酒を好む。
食べ放題は苦手だけど飲み放題は好き。
カツ丼好きで一時カツドニストと名乗っていた事があるが近年のカツ丼活動は少なくなっている。
marogg、myon、kowchang 他
いろんな名前を使っているので自分でもややこしい。
学生時代に副担任の若い英語教師に「器用貧乏」という二つ名をもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA