Fire TV Stick (第2世代)から4K MAXにしたです

買っちゃいました

にんまり

2021年10月発売だったAmazon Fire TV 4K MAX 気になってたのです。
最近なぜか地元の大きめの電気屋さんでAmazonのセール価格より微妙に数十円安く売っていたのでほぼ衝動買いしてしまいました。
最近調子が悪かった第2世代のStick(2016年10月発売)からさくっとリプレイスして使ってみたところ、すごく快適で満足しました。

古いStickの症状

どんなふうに調子が悪かったかというと、

  • YouTube視聴中にブラックアウトしてホーム画面に戻される。
  • リモコン操作でのレスポンスが重たい。
  • 時々不気味な音声で再生される(プライバシーのために音声を変えてあるインタビューの低い声の方)。

こんな感じでした。その都度キャッシュ初期化や本体の再起動、あるいは本体電源の抜き差しでやり過ごすことはできていたのですが、特にブラックアウトが日に何度も出ると流石にストレスでした。
もしかして買い替えを促されてる?と疑心暗鬼になったりですよ。
買い替えましたが。

体感的にかなり違う

Fire TV Stick 4K MAXは全体的に操作が軽くて良いです。
ビュンビュンって程ではないけどサクサク。
他に気づいたことと言えば、以前のStickでは再生するソースごとに音量レベルがかなり変わっていましたが、新しい方は大体同じくらいで再生するようにノーマライズされてるっぽいです。
例えば第2世代では、YouTubeのとあるチャンネルだと音量レベル10でちょうど良いけど別のチャンネルでは20位でちょうど良いとかそういうことがありました。

あとは、リモコンにNetflix等を直接起動できるボタンが付いたり。音量の調整ボタンが付いたりというのも結構便利。

Alexaもついてるし。
試していないけどAmazonのストア内にある一部ゲームアプリも遊べるみたいです。

やっぱりオススメです

第2世代でも使えてはいたけど、今思うと小さなストレスがけっこうあったんだなぁと感じます。
私は電気屋さんで買ったので設定は全部自分でしましたが(難しくはない)、Amazonで頼むとアカウントの設定は済んだ状態で届くはず。
Amazonプライム会員の方でStickを更新すべきか迷ったなら、機会がある時に入手するのがオススメです。

投稿者プロフィール

myon
myon
世の中に何も影響を与えない一般人。
早とちりでそそっかしい。
パソコン、インターネット、スマホ、位置情報ゲーム、お酒を好む。
食べ放題は苦手だけど飲み放題は好き。
カツ丼好きで一時カツドニストと名乗っていた事があるが近年のカツ丼活動は少なくなっている。
marogg、myon、kowchang 他
いろんな名前を使っているので自分でもややこしい。
学生時代に副担任の若い英語教師に「器用貧乏」という二つ名をもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA