mi band 6 買った

買った

初充電中
開封時の電池残量は0%でした

気になっていたmi band6をコジマPayPayモール店で購入してみました。
いろんなポイントとかクーポンを駆使したら手出し1,000円くらいになったです。
お安い!

買ったのは日本語通常版

日本語の方が直感的に理解しやすそうってことで、必然的に日本語通常版になりました。
(通常版しか出てない)

日本語版以外の製品も気になる

中国大陸版はAlipay・WechatPayのキャッシュレス決済が可能(いずれも中国国内向けみたいです)
グローバル版は通常版とNFC搭載版(後発)の2種。
グローバルのNFC搭載版ではMasterCardでのキャッシュレス決済が可能(日本で使えるかは不明)。その他マイクが搭載されAmazon Alexaにも対応。
面白そうだな~。

気に入ったところ

軽い。
AMOLED液晶がキレイ。
細長いので手首を外側に曲げた時にジャマにならない。
電池がそこそこ持つ。
その他、酸素飽和度が測れるようになったり、文字盤がカスタマイズできたり、こまごまと以前まで使っていたスマートウォッチより出来ることが増えました。

YAMAY ID205Lとmi band 6
通知はID205Lの方が1行の文字数が長いので読みやすいと思う。

アプリはアカウント必須

連携アプリのmi.fitを利用するためにXiaomiのアカウントが必要です。
もともと以前利用していたスマホがXiaomi製だったのでその時作ったアカウントをそのまま利用して、特に書くこともないくらいスムーズに移行しました。

購入決断からサインインまでの気持ち

実はアカウントを作ると色んな情報をかの国に良いように利用されるのでは?とか少し心配で購入をためらってもいたのです。
だけど、自分のヘルスデータが漏洩したとして何か問題があるかなぁとも思います。
「バックドアが開くのではないか?」とか考えてしまうと、そもそもこの選択はない。
前のスマートウォッチだって中国製でしたし。
どれなら安心?Apple Watchか?となると高価だし電池持ちも気になる。
位置情報ゲームの歩数カウントも出来るみたいだし?(コレが一番の購入ポイント
えーい買っちゃえ!
とこんな感じでした。

位置情報ゲームとの連携は多少条件があるみたいで試行錯誤中です。
それはまた別の記事で。

投稿者プロフィール

myon
myon
世の中に何も影響を与えない一般人。
早とちりでそそっかしい。
パソコン、インターネット、スマホ、位置情報ゲーム、お酒を好む。
食べ放題は苦手だけど飲み放題は好き。
カツ丼好きで一時カツドニストと名乗っていた事があるが近年のカツ丼活動は少なくなっている。
marogg、myon、kowchang 他
いろんな名前を使っているので自分でもややこしい。
学生時代に副担任の若い英語教師に「器用貧乏」という二つ名をもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

体脂肪計の不思議