ココログから引っ越し

レンタルサーバーの使い方やらWordPressの使い方やらをちょこちょこ調べていたら、以前更新を続けていたブログサービスからデータを引っ越しできるという記事を発見したのでやってみた。
開設当初、データをバックアップできるサービスという理由で選んだのがよかった。

以前のサイトココログ 興味の方向Ver2.1

ココログから当サイトへデータをまるまる引っ越したおかげで、一気にコンテンツが膨らんだ(ほぼ日常の記録はTwitterに移行しているので記事は古い)。

興味のある方は説明しているサイトが他にあるので検索するといい。
ただ、記事のテキストは取れるけど画像はココログのサーバー内にリンクされているので、全部自前で管理したい場合は別途ダウンロードが必要となる。
ファイル名が重複する場合にいちいち手作業でケアするのは面倒なのでフォルダ構造ごとダウンロードするのが良いと思う。

以下は自分用の備忘録

  • ココログのエクスポートで得られたテキストファイルからリンクされている画像のリストを取得
  • PCのフォルダにirvineなど、フォルダ構造ごとダウンロードできるツールでダウンロード。
  • レンタルサーバーの任意のフォルダに画像をフォルダ構造ごとFTPアップロード。階層が深くなるのでuncategorizedまでの部分は適当なフォルダ名に変える。
  • エクスポートで得られたテキストファイルの画像部分のURLをテキストエディタで一括置換し保存。
  • WordPressで「Movable Type と TypePad」を選んで保存したテキストファイルをインポート

2020年5月12日 追記
ここまで来たのはいいが、ブログのアイキャッチ画像がうまく反映されないことがあるのに気づいた。
具体的に言うとCocoon。
もしかして、所定のフォルダに画像を格納しないとダメなんだろうか?
調べてからもう一度挑戦してみることにして、今現在は過去の記事をいったんゴミ箱に入れた。

2020年5月18日 追記
Magic Post Thumbnailというプラグインで記事から画像を読み取ってサムネイルを作れるようだったけど、どこかから持ってきたそれっぽい画像を勝手に貼り込む動作もする。チェックに手間がかかりそうなのでやめた。
単純にポストに貼られた1番目の画像をサムネにしてくれればいいし、画像のないポストは無しで良い。
むしろ、以前のポストにはアイキャッチ入れなくても良いかと思いはじめたので、過去の記事をまた復活させた。

ただ、写真のURLが現在のドメインが変わるとまた書き換える必要が当然出てきて面倒なので、独自ドメインを検討することにした。

投稿者プロフィール

myon
myon
世の中に何も影響を与えない一般人。
早とちりでそそっかしい。
パソコン、インターネット、スマホ、位置情報ゲーム、お酒を好む。
食べ放題は苦手だけど飲み放題は好き。
カツ丼好きで一時カツドニストと名乗っていた事があるが近年のカツ丼活動は少なくなっている。
marogg、myon、kowchang 他
いろんな名前を使っているので自分でもややこしい。
学生時代に副担任の若い英語教師に「器用貧乏」という二つ名をもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ドメインを取得