料理のレシピをWriterで

文書作成やってみた(初)

私はLibreOffice Writerで文書編集を全くやったことがないのですが、せっかく高機能なワープロなのにもったいないなとも思っていたのです。
で、ふと、料理のレシピを書き留めるのに使えるなぁと。
気に入ってる料理レシピは買ってきた雑誌をスマホで撮っておいたり、ネットのスクショだったり、サイトへのリンクだったりTweetだったりでバラバラです。
まとめておかないと、またあれを食べたいなってなった時に探すのが大変になりそうです。

というわけで、初の文書作成はレシピの覚書きにしてみました。

雛形

レシピには著作権があるので、具体的なサンプルは出せないですが、大体こんな感じで作ったら良いんじゃないかなぁと。

簡素!見やすいが一番

大したものじゃないですが、サンプルファイルも置いておきます。書体はMS明朝とMSゴシックにしてあるので好きに変えるもよし、即ゴミ箱に入れるもよしです。

詰まった所

A4だと大きすぎ。A5にしたくなりました

  • 書式
  • ページスタイル
  • ページタブの中の用紙サイズを変更

材料と分量をタブリーダーで揃えたくなりました。

  • 材料と分量の間にタブ文字を入れて範囲選択
  • 画面の上部分のルーラーをダブルクリックして出てくるメニューで設定

作り方の箇条書きがしたくなりました。

  • 箇条書きにしたい範囲を選択して右クリック
  • 箇条書きと番号付けを選ぶ

保存してPDFに書き出しといた

内容の入力が終わったら、レシピ名をファイル名にしてレシピのフォルダに保存しました。
ついでにどの端末でも参照できるようにgoogleドライブにもレシピのフォルダを作ってPDF書き出ししておきました。

これで、もう一度食べたい料理がどこに書いてたか探さないで済みます。
私が出来る程度の料理は、そんなに文章量多くないし入力も意外とかんたん。
写真の貼り付けもできるのでテキスト入力が面倒なら…
あれ?普通にスクショをレシピフォルダに入れておいても良いのかなw

いやいや、意外に端末だと読みづらいんですよ。拡大したりとか。

そこは人それぞれってことで。

投稿者プロフィール

myon
myon
世の中に何も影響を与えない一般人。
早とちりでそそっかしい。
パソコン、インターネット、スマホ、位置情報ゲーム、お酒を好む。
食べ放題は苦手だけど飲み放題は好き。
カツ丼好きで一時カツドニストと名乗っていた事があるが近年のカツ丼活動は少なくなっている。
marogg、myon、kowchang 他
いろんな名前を使っているので自分でもややこしい。
学生時代に副担任の若い英語教師に「器用貧乏」という二つ名をもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA